English

名古屋大学情報学部

文系受験の方

main_img_bunkei

情報学はサイエンス&コミュニケーション

情報学は科学の発展とコミュニケーションの深化を牽引し新しい価値を産み出す。

スマートフォンでSNSを使った対話、地球の裏側の見知らぬ誰かと協力してゲームをプレイ。 すでにあなたは情報を使いこなしていることでしょう。

もう始まっている未来。 ロボットが未来の友達なら、その友達ロボットは人間の友達とどう違うでしょう? ロボットが作る社会では,人種問題はあるのでしょうか? それを知るには、人間を見つめ直す必要があります。 心とは何かを探る科学的研究や,脳のしくみの探求はその重要な手段です。 遠い宇宙にも、友達はいるかもしれません。 スマートデバイスや最新の映像技術を用いた天文科学教育は、 宇宙をどんどん身近にしてくれています。

一方、大容量通信ネットワークやソーシャルメディアは、 地域のなかの交流や世代を超えた交流をうみだし、 コミュニティの新たな可能性を拡大し続けています。 ここからグローバルな問題に目を向ければ、 世界にもっとたくさんの友人の姿が見えてくるはずです。 科学の成果を社会に生かし、 さまざまなつながりから価値を産み出す学問、 それが、サイエンス&コミュニケーションとしての情報学です。

名古屋大学に新設される情報学部では、 複雑化・多様化する現代社会が直面しうる問題を発見し、 課題を解決する知識・思考・対話力を身につけ、 人類の未来、社会のあり方を探究し、 新しい価値を創造する人材を育成します。

情報学は人間と社会と技術をつなぎ、 世界を拡げる新たなコミュニケーションを創り出します。

情報は、世界を動かす。

文系科目で受験できる学科

コンセプト・学科紹介

コンセプト・学科紹介

総長から皆様へ、特色、学科紹介

カリキュラム

カリキュラム

カリキュラム、留学、大学院、主な就職先

入試情報

入試情報

募集区分・人員、入試実施教科、入試日程

スペシャルインタビュー

スペシャル
インタビュー

教授達10名のインタビュー記事・動画